頭皮の臭い、全然治らないのはシャンプーのせいだった!?

驚く2

頭皮の臭いにお悩みの方で多いのはその原因が分からないということ。
毎日シャンプーで頭を洗っているし、リンスで良い香りも付けているはずなのに夕方になると頭皮から嫌なニオイがする…という方が多いのではないでしょうか?


実はそのシャンプーやリンスがあなたの頭皮の臭いの原因になっているかもしれないんです。
いくらシャンプーで頭皮を洗っても臭いが消えない…
そんな方のために、今回は頭皮の臭いの原因と、ケアのため必要なシャンプー対策をご紹介したいと思います。

シャンプーで頭皮の臭いが悪化する?

頭皮から嫌なニオイがしたらどう思うでしょうか?
多くの方は「頭皮が汚れているのかな?」と感じると思います。実際、頭皮の臭いが気になるのは、頭皮がベタついたと感じるときではないでしょうか?だから頭皮の臭いに悩まされているほとんどの方は、そのベタつきを落とせば臭いは消えると思って、普段より一生懸命にシャンプーをしてしまう。

確かに頭皮の臭いの原因は、ベタつきの正体でもある頭皮から分泌されている皮脂が関係しています。
分泌されたばかりの皮脂自体には臭いはありません。ですが、皮脂は時間が経つことで酸化します。酸化した皮脂は、ノネナールという物質に変わり、このノネナールこそがイヤな臭いを発する正体なんです。

臭いの正体が酸化した皮脂だったら、どうして汚れを落とすためにシャンプーをしているのに一向に改善されないのでしょうか。
頭皮の臭いは酸化した皮脂が原因なので、頭皮を清潔にすることは大切です。ですが洗浄力の強いシャンプーに変えてみたり、日に何度もシャンプーをしてしまっていないでしょうか?実はそれこそが、頭皮の臭いがいつまでも改善しないどころか、むしろ悪化の原因にもなっているんです。

シャンプーの役割は、頭皮の余分な皮脂や古くなった角質を落とすことです。
洗浄力が強いシャンプーを使用したり、何度も何度もシャンプーしてしまうと、必要以上に頭皮から皮脂を洗い落ち頭皮は皮脂の不足した乾燥状態になります。

皮脂には、外から受ける刺激からお肌を守るバリアの役割があります。
また、バリア機能だけでなく、お肌の水分が外に逃げないようにする役割も持っています。つまり皮脂の不足した頭皮は無防備な状態です。そうなると、身体は頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌してしまうんです。つまり、臭いをシャンプーで何とかしようとするあまり、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまい、臭いを強くしてしまっているかもしれないんです。

正しいシャンプーで臭いケアをしましょう

間違った方法では、頭皮の臭いは改善できないばかりか悪化してしまいます。

頭皮の臭いが気になるから、一生懸命頭皮を洗う。そうすると皮脂が不足して、頭皮から皮脂が過剰に分泌してベタつく。皮脂が酸化し臭いの原因になる。この悪循環が続いてしまいます。

正しいシャンプー方法を実践して頭皮の臭いを改善しましょう。

①髪を濡らす前にブラッシングをする

ブラッシングをすることで、髪の毛に付いた大まかなホコリやゴミなどを取り除くことが出来ます。
そうすることで、シャンプーの際にホコリやゴミに邪魔されずにシャンプーで汚れを落とすことが出来ます。

②予洗いをしっかりとする

予洗いの時点でしっかりと頭皮を洗ってあげましょう。
実はお湯だけでも皮脂はある程度落とすことが出来ます。いつもよりも念入りに予洗いを行いましょう。

③シャンプーは手でしっかり泡立てる

シャンプー剤は頭ではなかなか泡立ちにくく、そうなると泡立てるために多くのシャンプー剤を使う必要があります。
頭皮の負担になってしまうので、シャンプーは手でしっかり泡立てた状態で頭皮を洗いましょう。泡立ちが良いと皮脂汚れは落ちやすくなります。

④指の腹で頭皮をマッサージするように洗う

爪を立てて洗うこと、強い力でゴシゴシと洗うことは絶対に避けましょう。
指の腹で優しく、マッサージをするように頭皮全体を洗いましょう。洗い損ねのないように丁寧に行いましょう。

⑤しっかりとすすぎをする

シャンプー剤の役割ははあくまで皮脂汚れを浮かせること。
すすぎが充分でないと、せっかく浮き上がった皮脂も頭皮に残ってしまいます。また、シャンプー成分も頭皮に残ってしまうので、臭いを強める要因のひとつになってしまいます。シャンプーにかけた時間よりも長いくらいの意識でしっかりとすすぎをしましょう。

保湿で、余分な皮脂を抑えましょう

頭皮が乾燥状態になると、皮脂は過剰に分泌してしまいます。
頭皮の臭いの原因が皮脂の過剰分泌の場合、頭皮を保湿して余分な皮脂の分泌を抑える必要があります。お風呂上がりなどの、頭皮が乾燥しやすいタイミングで頭皮の保湿を行うことが改善への近道です。

保湿には頭皮用のローションや、オリーブオイルや椿油、ホホバオイルといった植物性のオイルなどできるだけ刺激のないものを使用しましょう。
ただし、天然の成分でも体質や頭皮の状態によっては身体に合わずかぶれてしまうこともあります。少しでも頭皮に刺激を感じたら無理な使用は避けましょう。自分に合ったものを使用することが大切です。

また、つけるとスーッと清涼感のある、メントールなどのアルコール系の成分が入っているタイプのものには注意しましょう。アルコールは揮発性が高いので、乾燥の原因になってしまい逆効果になってしまいます。

頭皮に優しいシャンプーを選びましょう

シャンプーにはものによって洗浄力に違いがあります。
さきほども説明しましたが、頭皮の臭いが気になりだしたからといってシャンプーを洗浄力の強いものに変えてはいけません。よく、女性の方で頭皮の臭いが気になって、男性用のシャンプーを使っているという方もいますが、それは逆効果です。長期的に使用してしまうと、どんどん頭皮を痛めてしまい、臭いだけでなく他の頭皮トラブルにも繋がりかねません。

シャンプーは今まで使っていたもので、異常がなければ無理に変える必要はありません。
ただ、すでに臭いにお悩みの方は、洗浄力弱い、頭皮に優しいシャンプーに変えることもケアとしては有効です。洗浄力の強さは界面活性剤の種類によって異なります。

界面活性剤は、どのシャンプーに含まれていて泡立ちを良くしたり、成分を混ぜ合わせたりするためのものです。アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を使用しているシャンプーが比較的に洗浄力も頭皮に優しいシャンプーですので、シャンプーを変えるのならぜひ参考にしてみてください。

成分表示など詳しいことは『頭皮の乾燥、原因はシャンプーだった!買う時に注目したい成分は?』を参考にしてみてください。

その他頭皮の臭いの原因になってしまうこと

ドライヤー

お風呂上がりの頭皮は皮脂が不足している状態です。
ドライヤーの熱は、皮脂が不足した頭皮をさらに乾燥させてしまいます。もちろん、ドライヤーで髪の毛と頭皮を乾かすことは必ずしてください。頭皮が濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。雑菌が繁殖すると、生乾きの衣類と同しように臭いの原因のひとつになります。ドライヤーは頭皮から30㎝ほど離して、熱風を同じ場所に当て続けないように乾かしていきましょう。

普段の生活

皮脂の分泌が増えるのは、頭皮の乾燥だけが原因ではありません。
普段、揚げ物などの脂っこい食事や、甘いものなどの糖分を多く含んだ食べ物ばかり摂取していることも皮脂の分泌を増やしてしまう原因になります。また、疲れやストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌を増やしてしまいます。正しい頭皮ケアは頭皮だけのケアではなく、身体全体の健康を心掛けることでもあるんですよ。

おわりに

頭皮の臭いは、ある統計ではザリガニよりも臭うという数値が出ているそうです。
そこまではいかないにしても、頭皮の臭いは周りにも気づかれてしまうものですので、少しでも早く治したいですよね。ですが気持ちが焦った結果、間違ったケアをして症状を深刻にしてしまうケースも少なくありません。正しいケアを行って1日でも早くお悩みが改善することを願っています。

頭皮の臭いについては『頭皮の脂が臭いの原因!?イヤな頭皮の臭いをケアするには』こちらも参考にしてみてください

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮の臭い、全然治らないのはシャンプーのせいだった!?