頭皮の色でわかる?頭皮の健康状態と改善方法【頭皮ケア入門編】

Close-up Of Woman's Eye Looking Up

あなたの頭皮は何色をしていますか?自分の頭皮の色を気にしたことってあまりありませんよね。
体調が悪い時は「顔色が悪い」なんて言葉を使うと思いますが、頭皮の色でも自分の頭皮の健康状態を知ることが出来るんです。


頭皮の健康状態を知ることで自分に最適な頭皮ケアを行えるので、頭皮の色を把握しておくことはとても大切。今回は頭皮の色別の健康状態と色別の頭皮ケアを紹介します。

頭皮の色をチェックしてみましょう

2医者出典:http://pachirin.com/moukohida.html

青白い頭皮

青白い頭皮は健康状態、正常な頭皮の色です。血行も良く、頭皮の潤いも程よく保たれている状態です。チェックして自分の頭皮が青白いと確認できたら、今の状態をキープできるように頭皮のケアだけでなく日々の生活に気を付けていきましょう。

白い頭皮

青白い頭皮と見分けるのが難しいように思えますが、白い状態の頭皮は頭皮が乾燥している状態です。
青白い頭皮と違って頭皮が少しパサついているのが特徴で、肌が乾燥気味の方や、季節的に乾燥する冬などは特にこの状態になりやすいといえます。乾燥している頭皮は潤いが減少し、頭皮のバリア機能が弱っています。刺激などに敏感になってしまうので、かゆみが生じたり、炎症を起こしてしまう場合もあります。この状態の方は、頭皮の保湿を欠かさないようにすることが大切です。

黄色の頭皮

体調が悪いと顔は青白くなったりしますが、頭皮場合は黄色になります。
黄色い頭皮は、疲れやストレスが溜まっているサインです。それに伴い頭皮の血行が悪くなっている状態でもあるので、新陳代謝が乱れてしまいます。新陳代謝が乱れてしまうと、発毛に影響が出てしまいますので黄色の頭皮の状態を放っておいてしまうと薄毛の原因にもなってしまいます。

また、頭皮の皮脂が酸化していて頭皮が黄色いこともあります。
これは頭皮自体が黄色くなっているというよりは、頭皮から分泌された皮脂が酸化することで変色し黄色になることが原因です。頭皮の皮脂は約24時間ほどで酸化し、酸化した皮脂は臭いの原因にもなってしまいます。また頭皮中の雑菌を増やすきっかけにもなってしまうので、清潔に保つように心掛けましょう

肌色の頭皮

一見すると肌の色なわけですから異常はないようにも思えますが、注意が必要な頭皮の色です。
健康な頭皮は青白い色をしています。これは、他の皮膚と違って頭髪によって紫外線から守られているためです。ですので、青白い健康な頭皮は紫外線に対する免疫が備わっていない状態となっています。ですが、頭皮も紫外線を浴びて日焼けをします。紫外線を浴び続けてこの日焼けが慢性化してしまうと、身体は紫外線から頭皮を守ろうと働きます。そうすると肌と同じような色へと変化していくのです。この状態を頭皮の皮膚化といいます。

これだけ聞くと紫外線に強くなるならむしろ良いのでは、と思うかもしれません。ですが、頭皮が皮膚化してしまうと、頭皮が硬くなってしまうので血行が悪くなります。血行が悪い状態というのは髪の毛の成長を阻害してしまいますので、薄毛の原因になってしまいます。特に頭皮の皮膚化は、髪の毛によって紫外線から守られていない分け目に多く起こってしまいます。
紫外線対策として日頃からきちんと日焼け止めを使うか、帽子や日傘で紫外線から頭皮を守ってあげましょう。定期的に分け目を変えてあげるのも有効です。

赤い頭皮

色と同様にまさに頭皮の赤信号です。一刻も早いケアが必要です。
赤い色の頭皮は、頭皮が炎症を起こしている状態と考えてください。白、黄色、肌色の頭皮の状態が悪化した状態です。強いかゆみや湿疹、フケなどが起こってしまうので症状がひどい場合には皮膚科で診てもらいましょう。決して我慢して放置してはいけません。ここまでの症状になってしまうと健康な頭皮にまで改善するのに時間がかかります。
薬や、薬用のシャンプー、頭皮用ローションなどでの頭皮ケアに加えて、きちんとした食生活や睡眠時間などを摂ることも少しでも早く改善するためには大切です。

終わりに

青信号出典:http://www.corbisimages.com/

頭皮が赤い場合は紹介してきた通り頭皮が炎症している状態の頭皮なので一刻も早いケアが必要です。
ですがそれ以前に赤い頭皮にはかゆみや痛み、フケなどの異常が起きているので、そうなると自然とケアをしなければいけない状況になりますよね。
もちろん危険な状態であることは間違いないのですが、それよりも気を付けたいのは肌色・黄色の頭皮の方です。信号でいうと黄色信号、異常が起きる一歩手前といったところでしょう。厄介なのが、赤色頭皮と違って日常生活に支障をきたすような、大きな頭皮の異常を感じないことです。頭皮の発する危険サインを見逃してしまう人が多くいるのです。
早いうちに気が付いて頭皮をしっかりとケアしていれば、未然に防げたかもしれない頭皮のトラブルを見逃してしまうのはもったいないですよね。定期的に自分の頭皮が何色なのかチェックしてあげること健康な頭皮のためになります。

他の記事では症状ごとのケア方法について紹介してますので、自分に合った頭皮ケアを見つけてみてくださいね。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮の色でわかる?頭皮の健康状態と改善方法【頭皮ケア入門編】