ヘアカラーで頭皮にかぶれ、かゆみが!?正しいヘアカラーの方法

カラーリング

ヘアカラーをして頭皮がかぶれてしまったという方もいらっしゃると思います。
白髪染めをするたびに頭皮にかゆみが出てしまう、でも人前に出るため白髪染めをしないわけにはいかない…という方も多いでしょう。

ヘアカラーは髪の毛だけでなく、頭皮にも負担がかかります。一時的なかぶれだけでなく、慢性的に頭皮のかゆみや乾燥、抜け毛などの頭皮トラブルに繋がってしまうこともあります。今回はそんなヘアカラーとの上手な付き合い方について紹介します。

まずは、自分の肌に合うかチェックしましょう

ほとんどのヘアカラー剤には、髪の毛を染めるための酸化染料であるパラフェニレンジアミンが含まれています。
このパラフェニレンジアミンが、多くの場合のかぶれやアレルギーなどを引き起こしてしまうのです。成分に頭皮が刺激されて炎症を起こしてしまう状態です。この酸化染料にかぶれやアレルギー反応を起こしてしまう方の中には、最初から強い異常を感じる方もいれば、長年の使用で突然症状が起きてしまう方もいます。

少し面倒かもしれませんが、カラーリングの前には毎回必ずパッチテストを行うようにしましょう。もしもパッチテストで異常が出てしまうようなら使用は絶対にNGです。『毎回カラーリング直後に少しかぶれが起こる程度だから』という方もいるかもしれませんが、頭皮へのダメージを蓄積してしまうだけなので絶対にやめましょう
また体調によって突発的にカラー剤の刺激でかぶれてしまうこともあるようです。体調が優れない時はヘアカラーも控えるようにしましょう。

種類の多いへアカラー剤

カラー剤出典:http://midorimushi-supli.com/skincare/hada_midorimushi.html

最近では、市販のヘアカラー剤より刺激の少ないヘアカラー方法も注目されるようになりました。代表的なものを紹介していきます。

ヘナ

ヘナという植物を使ったカラーリングの方法です。
色のレパートリーは多くありませんので、主に白髪染めとして使われています。植物由来なので頭皮にはかなり優しいヘアカラーといえるでしょう。ヘナ自体では、オレンジのような明るい色にしか染まりませんが、こちらも天然成分であるインディゴ(藍色)と一緒に使うことで黒っぽい色に仕上げることも可能です。ただし、独特のにおいがあるため好みが分かれます。

市販の化学染料を使ったヘアカラー剤は一度髪の毛を脱色してから色を入れていきますが、ヘナカラーは元の髪色に重ねるように色を入れていきます。なので、白髪部分のみ色がついてしまいメッシュ風になってしまうのが注意点。その場合はその上からインディゴで更に重ねて色を入れて黒髪に近づけなければいけないので、少し時間が必要でしょう。

ヘナを使ったカラー剤にも、カラー後の髪の色をより黒く仕上げるために、パラフェニレンジアミンを配合してあるものもあります。化学染料のヘアカラー剤よりも量は少ないものの、アレルギーを起こす方は良く配合の成分を見てから使用するようにしましょう。またいくら植物由来でも、ヘナやインディゴそのものが肌に合わないケースもありますので、パッチテストは忘れずに行いましょう。

和漢彩色

「第4のカラー剤」と言われている小麦粉とコーンスターチを主成分とした植物由来成分を使ったカラー剤です。カラー剤独特のにおいがないだけでなく、頭皮への刺激が抑えられたカラー剤だといえるでしょう。一般的な市販のヘアカラー剤に含まれるアルカリ剤や界面活性剤、過酸化水素といった化学成分を使用しておらず、保湿効果を高める漢方成分が使用されているため、髪を傷めることなく、しっとりとしたツヤのある質感に染め上げることができます。髪も傷めにくいのが特徴的なヘアカラー方法といえるでしょう。

ただし、色を髪の毛にしっかりと浸透させるために和漢彩色にもパラフェニレンジアミンが含まれています。
市販のものと比べれば配合量は圧倒的に少ないものの、使用前のパッチテストは必ず行ってください。また、取り扱いがヘナ同様難しく、さらに通常のヘアカラー方法よりも色落ちが早いので、定期的にカラーリングをする時間を取らなければならないというデメリットもあります。植物由来なので、小麦アレルギーなどには注意しましょう

ヘアマニキュア

爪のマニキュアと同じで、髪の表面に色をコーティングするようなカラーリング方法です。
頭皮に薬剤がつく心配のもっとも少ない方法ですので他のカラーリングがうまく肌に合わなかった方にはヘアマニキュアがおすすめです。髪だけにカラーリングするので頭皮へのダメージが少なく、一般的なカラー剤と比べ髪へのダメージが少ないのが特徴です。

ですが、色の持続期間が短くシャンプーをするたびに色落ちしていきます。雨の日も注意が必要と言えるでしょう。また地肌付近の根元の髪の毛までしっかり色をつけるのが難しいので白髪染めの場合は多少、白髪が混じってしまいます。
多少デメリットもありますが、頭皮に最も負担の少ない方法といえるので、ダメージが気になる方はヘアマニキュアを試してみると良いでしょう。

ヘアカラートリートメント

こちらは通常のトリートメントのように髪の毛に塗ることで髪の毛が染まっていくカラーリング方法です。
色の種類はなく白髪染め専用。天然由来成分で作られていて名前の通りトリートメント成分も配合されているので、頭皮と髪に優しいカラーリング方法だといえるでしょう。敏感肌の方にも安心して使うことが出来ます。

しかし、ヘアカラートリートメントは一回では色がつかず、何度も使用して徐々に黒染めしていくものですので、一回で染めたいという方には向いていないかもしれません。また黒染めに時間がかかるうえに、色落ちも早いので、黒染めが定着したあとも週に一回はメンテナンスをしなければいけません。ただし、ヘアマニキュアの根本が染まらないという問題もヘアカラートリートメントでは解決できるので、全体を染めたいという方にはおすすめです。

終わりに

髪の毛出典:http://lbr-japan.com/2014/02/07/36309/

頭皮に傷やかさぶた、湿疹などがある場合、ヘアカラー剤が患部に触れてしまうと刺激になってしまいます。
悪化や治りが遅くなる原因になりますので、あまりおすすめは出来ませんが、どうしてもという場合は、頭皮や患部に触れなければヘアカラーは可能です。その際は、自力でカラーリングするのではなく美容院などで頭皮の状態をきちっと説明したうえでプロの手で染めてもらいましょう。

無理なカラーリングは頭皮のトラブルに繋がってしまいます
見た目を良くするために頭皮に負担をかけ続けて、将来的に薄毛に悩まされてしまっては本末転倒です。また、ひどいアレルギー症状だと、頭皮の炎症だけでなく、顔がはれてしまうケースもあるようです。取り返しがつかなくなる前に、きちんとした事前のパッチテストや、自分の頭皮に合ったヘアカラーを楽しむことが頭皮の健康を保つには必要なことですよ。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

ヘアカラーで頭皮にかぶれ、かゆみが!?正しいヘアカラーの方法