髪の毛の分け目を変えると頭皮が痛い…原因と対策は?

髪型

髪の毛の分け目を変えると頭皮が痛い…という経験をしたことはありませんか?
定期的に髪型を変えている方は、同じ髪型をしていると頭皮に良くない、分け目の髪が薄くなる、こんなことを聞いたことがあるからという方もいるでしょう。確かに同じ髪型を続けるのは、分け目など頭皮の同じ場所に負担を掛けてしまうので、髪型、分け目を変えるのは頭皮を休ませてあげる良い方法だといえます。

ですが、分け目を変えるたびに髪の毛の根元がピリピリと痛みを感じると、なんだか不安ですよね。そんな不安を解消するために、今回は分け目を変えることで感じてしまう頭皮に痛みのメカニズムとその対策をご紹介します。

同じ髪型で頭皮が痛くなるのはなぜ?

さきほども紹介したように、同じ髪型を続けていると頭皮に痛みを感じることがあります。まずはその原因から説明します。
髪の毛が同じ方向に頭皮を引っ張っているために頭皮に負担がかかってしまい、頭皮の根元である生え際に鈍い痛みを感じることがあるのです。痛みを感じない方もいますが、それでも頭皮への負担はかかってているので、定期的に分け目や髪型を変えてあげて負担を分散させてあげることが健康な頭皮でいるために必要なことといえるでしょう。

また、髪の毛を毎日結ぶ必要がある方は要注意です。例えば、髪を後ろで結んでまとめるような髪型だと、髪の重みが一気に集中して頭皮への負担もそれだけ大きくなってしまいます。大きく髪型を変えるのが難しい場合でも、髪を結ぶ位置を少し変えたりなど工夫をすることが大切です。

分け目を変えるときの痛みの原因

寝癖出典:http://www.havokjournal.com/culture/food/

では、分け目や髪型を変えるときに頭皮が感じる痛みの正体について説明していきましょう。

原因①:毛流れに逆らっている

頭皮には髪の毛が生えてくる毛根が無数に存在しています。
その一つ一つの毛穴には生まれつき向いている方向が決まっているのです。つまり頭髪が生えてくる向きを毛流れといって、その流れに沿って髪の毛は生えてくるのです。言葉だけでは少し分かりにくいかもしれませんが、旋毛を見てみると自分の毛流れの方向が良く分かります。
この毛流れに沿った髪型が頭皮の毛穴にとっては自然な形なので、これに逆らってしまうと毛穴の向きと違う方向に頭皮が引っ張られてしまいます。そうなると頭皮への負担が大きくなってしまい、頭皮に痛みを感じてしまうのです。分け目を変えるときは、毛流れを意識すると頭皮への負担を減らすことが出来ます。

原因②:髪の毛が乾燥している

長時間同じ髪型を続けていると、髪型に強いクセがついてしまいます。寝癖などが分かりやすいかもしれません。
髪の毛は一度セットすると、または寝癖のようにセットされてしまうと、例え毛流れに逆らっていても、ある程度はその方向に固定されます。固定された状態のまま無理に違う向きに力を加えると頭皮に負担がかかり痛みを感じるのです。
寝癖を手で押さえたら、または髪の毛を濡らしていない状態でクシを通したら頭皮が痛かった、という経験をしたことがある方もいると思います。一度固定された髪の毛は乾燥している状態ではなかなか元に戻りません。しっかりと水で髪の毛を柔らかくしてあげることで、頭皮の負担を軽減してあげることが出来ます。
毛流れに逆らってしまうと頭皮に負担をかける原因になるといいましたが、しっかりと水で濡らすなどして、あまり強く髪を引っ張らない限り、同じ分け目でいるよりは負担ははるかに少ないといえます。髪を濡らした後は、雑菌が繁殖しないようにしっかりとドライヤーで髪を乾かすことを忘れないようにしましょうね。

終わりに

艶のある髪の毛出典:https://magz.jpcolle.com/read/8-best-tips-for-hair-care

頭皮はとてもデリケートな部分です。
頭皮に負担をかけ続けてしまうと頭皮が弱ってしまい、薄毛や抜け毛、乾燥やニキビといった頭皮湿疹などの頭皮トラブルを起こしやすくなってしまいます。定期的に分け目や髪型を変えて頭皮を休ませてあげることが大切です。
今回の内容を見てくださった方には、頭皮ケアを意識されている方も多いと思います。せっかく意識しているのに頭皮が痛くなってしまう原因が分からずに辞めてしまってはもったいない、そう思って分け目と頭皮の痛みについて紹介してきました。髪の毛は第一印象で重要な場所のひとつ。髪の毛が綺麗だと若々しく見えるものですよね。そして綺麗な髪を育てるのは健康な頭皮です。しっかりと頭皮ケアを行っていつまでも若々しいあなたを目指してみてくださいね。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

髪の毛の分け目を変えると頭皮が痛い…原因と対策は?