頭皮のかゆみ、今使ってる「シャンプー」が原因かも?

シャンプー方法

頭皮のかゆみを覚えたら、つい強めに頭を洗ってしまいがちではありませんか?
実は、そんなことをしても無意味で、むしろ逆効果であることの方が多いのです。とは言え、頭皮のかゆみを放置しておくことはできませんし、最悪の場合は抜け毛を誘発することにもなりかねません。

頭皮のかゆみとシャンプーには、どういった関係があるのでしょうか?

シャンプーを原因としてかゆみが起こる?

そもそもに、シャンプーは髪の毛や頭皮をきれいに洗浄するための存在であり、かゆみをもたらすようなものではないと思いませんか?

頭を洗わない日々が続くことで頭皮がかゆくなるのであればまだしも、シャンプーによって頭皮がかゆくなる人は、基本的に毎日シャンプーを使って頭を洗っている人がほとんどです。

にもかかわらず、頭皮がかゆくなってしまいます。
これはどういうことかと言えば、簡単に言えば「洗いすぎている」のです。もう少し厳密にいえば、「頭皮を洗う回数が多い」「頭皮を強くこすっている」「シャンプーが間違っている」の3つが考えられます。特にシャンプーに原因があると考えられるのは、3つ目の「シャンプーが間違っている」ことが原因であると考えられます。

頭皮のかゆみを解消するシャンプー選び

頭皮をかゆくする原因としてシャンプーが間違っているというのは、そのシャンプーの「洗浄力」が大きく関わっています。
一般的に「洗浄力」と聞くと、いかに汚れを多く洗い流せるかが重要であると考えがちですが、シャンプーの場合は単純に洗浄力が強ければよいというわけではないのです。

シャンプーは頭皮や髪の「汚れ」を洗い流すだけでなく、「皮脂」の洗浄も行います。
これらが頭皮環境を悪化させる原因ではあるのですが、洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な脂分も奪い去ってしまうのです。

必要な脂分まで奪われてしまった頭皮は、その「バリア機能」を失ってしまい、水分を保持できなくなって乾燥し、かゆみやフケの増加をもたらすのです。
つまり、シャンプーが原因で頭皮のかゆみをもたらしているのは、使っているシャンプーの洗浄力が強すぎることが考えられるのです。その場合にお勧めなのは「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーとは?

「アミノ酸系シャンプー」とは、洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を用いているシャンプーのことです。
シャンプーにはそれ以外に「アルコール系」「石鹸系」というものに分類されるのですが、アミノ酸系シャンプーはそれらの中で最も洗浄力が緩やかで、かつ低刺激であるという特徴があります。

この特徴は、シャンプーによる可能な皮脂の洗い流しを抑え、頭皮環境を正常に保つのに適しています。
また、敏感肌の人や薄毛に悩む人向けのシャンプーでもあります。

アミノ酸系シャンプーでも解決できない場合には?

アミノ酸系シャンプーを使用し続けても、一向に頭皮のかゆみが解消されないこともあります。
そういった場合には、シャンプーの洗浄力が関係しないところに頭皮のかゆみの原因があると考えられます。頭皮が重度の炎症を起こしていたり、雑菌が繁殖していることが考えられます。「薬用シャンプー」を用いるか、皮膚科を受診することが必要になります。

薬用シャンプーには「抗菌作用」と「抗炎症作用」を持つ成分が配合されています。
ですので、炎症や細菌による頭皮のかゆみを解消する効果が期待できますが、一度は皮膚科を受診されてから使用し始めても遅くはありません。一つだけ確実なことは、アミノ酸系シャンプーは「薬」ではないので、既に発症している病気にはそこまで大きな効果を発揮しません。その点は勘違いしないようにしましょう。

また、強いかゆみや炎症などを起こした頭皮は、とても弱っている状態であることが考えられます。
薬で症状が治まったとしても油断せずに日々の頭皮ケアを行い、健康な頭皮を目指すことが再発防止に繋がります。

まとめ

シャンプーの選び方ひとつで、頭皮の環境を左右する可能性があるのには驚かされるかもしれません。
また、今まで使い続けてきたシャンプーでも、年齢や体質の変化に伴って相性が変わったりすることもあるので、ずっと使い続けているからといって安心することはできません。

きちんと洗髪しているにもかかわらず頭皮がかゆいと思ったら、まずは使っているシャンプーを見直してみましょう。
それを機に、今までシャンプーに対してそこまでこだわりを持っていなかった人でも、数あるシャンプーの中から自分に合ったシャンプーを見つめ直す機会にもなります。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮のかゆみ、今使ってる「シャンプー」が原因かも?