頭皮のかゆみ・フケは薬用シャンプーで治る?効果と注意点は?

悩む3

頭皮のかゆみやフケの症状の改善の手段として薬用シャンプーを使う方法もあります
ですが、きちんと自分の頭皮の状態に合わせて使う、また、正しい使用方法でなければ充分な効果は発揮できません。

正しい薬用シャンプーの知識と使い方、注意点を理解していきましょう。

薬用シャンプーと普通のシャンプーとの違いは?

薬用と聞くと、なんとなく良さそうなイメージがあると思います。
実際に、薬用シャンプーには、「頭皮のかゆみ・フケ用」に向けて作られていることがほとんどです。

薬用シャンプーと一般的な普通のシャンプーとの違いは、「有効成分」が配合されているかどうか。
薬用シャンプーは、かゆみ・フケに対する有効成分が含まれているシャンプーということになります。

また、普通のシャンプーと違って、薬用シャンプーは「医薬部外品」として扱われています。
有効成分が配合されていることで、薬ほどではありませんが、その効能を一部認められているものが医薬部外品となります。

かゆみ・フケに対する主な有効成分

炎症によるかゆみ改善成分

・グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)

菌によるかゆみ・フケ改善成分

・ピロクトンオラミン
・ミコナゾール硝酸塩
・ジンクピリチオン

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症成分としてシャンプーだけでなく、洗顔料や化粧水などにも配合されている成分です。
多くの薬用シャンプーに抗炎症成分として使用されており、漢方由来の甘草に含まれる成分なので比較的安全な成分といえます。副作用があるという情報もありますが、薬用シャンプーに配合されている量であれば問題はないと考えていいでしょう。

フケに対する有効成分として配合されていいるピロクトンオラミンやミコナゾール硝酸塩、ジンクピリチオンは、菌が原因で起こるフケに対するもので、殺菌を目的とした成分です。
頭皮のかゆみ・フケの原因のひとつに、頭皮中に住むマラセチア菌というカビ菌の一種が原因で起こる脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹があります。

薬と違い効果は強いとは言えませんが、薬を塗る手間を毎日のシャンプーで一度に出来、また病院へ行く手間もないの手軽にかゆみやフケのケアとして使用できます。
また殺菌作用の強い成分なので、人によっては刺激を感じて、逆に炎症を起こしてしまうケースもあるので、自分の肌に合うかきちんと確かめる必要もあります。

薬用シャンプーを使う際の注意したいこと

薬用シャンプーは、病院に行くことなく手に入るので、手軽にかゆみやフケをケア出来るアイテムだといえます。
ですが、正しく使わないと頭皮が荒れる原因になる可能性もあるので注意が必要です。

頭皮のかゆみ・フケの原因を把握しましょう

薬用シャンプーの役割は、炎症を抑えることと殺菌をすること。
炎症や菌の繁殖によるかゆみやフケを抑えるためには有効です。

けれども、頭皮のかゆみ・フケの原因には「乾燥」が原因の場合があります。
頭皮が乾燥状態のため、外部からの刺激がかゆみとして現れ、また、頭皮が剥がれやすくなるためそれがフケとなってしまうケースがあるのです。

フケの種類については
『乾性フケと脂性フケ、原因と対策とは!?』

乾燥が原因の頭皮トラブルの場合、薬用シャンプーの使用はおすすめ出来ません。
頭皮に住むマラセチア菌は、繁殖すると頭皮トラブルの原因となる菌ですが、普段は外からの菌から頭皮を守る役割を持っている菌です。数が正常な状態で薬用シャンプーによって殺菌をしてしまうことは、頭皮環境があれる原因にもなります。

また、症状が治まった後でもシャンプーなので使ってしまうのも、同様に頭皮を殺菌し続けることになるので、薬用シャンプーを使うのはあくまで症状がある時のみが良いでしょう。

薬用シャンプーは病院と違って手軽な点がメリットでもあります。
ですが、同時に自分の頭皮の状態を皮膚科などできちんと分からないというデメリットもあります。

できるならば、皮膚科でしっかりと診断してもらったうえでの使用が一番です。

まとめ

頭皮のかゆみ・フケのお悩みは薬用シャンプーで治るのか?
その答えは頭皮の症状によるというところが大きいでしょう。

注意点も説明してきましたが、薬用シャンプーは使い方によってはとても有効なものです。
また、シャンプーだけに頼らず、頭皮の保湿などの頭皮ケアもしっかりと行うことが頭皮トラブル改善のための近道です。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮のかゆみ・フケは薬用シャンプーで治る?効果と注意点は?