頭皮がかゆいのはシャンプー選びと洗い方が間違っている?

bsDI_IMG_5697

頭皮かゆみがなかなか治らなくて困っていませんか?
その頭皮のかゆみ、原因はシャンプーにあるかもしれません。


頭がかゆくなって掻いてしまうとまたかゆくなるの繰り返し…いつの間にか頭皮に傷がついてしまうなんてことにもなりかねません。
シャンプーと頭皮のかゆみの原因と、頭皮に合ったシャンプーの選び方をご紹介します。

頭皮のかゆみとシャンプーの関係

なぜ、シャンプーで頭皮がかゆくなってしまうのでしょうか?
私たちが地肌にかゆみを感じるときは主に「乾燥」「雑菌の繁殖」「かぶれ」の3つが原因でかゆみが生じます。

「乾燥」

肌のバリア機能を果たしている皮脂が不足することで、外気の刺激に敏感になりかゆみが生じます。

「雑菌の繁殖」

頭皮中のカビ菌などの雑菌が繁殖することで、菌が出す炎症物質によってかゆみ生じます。

「かぶれ」

アレルギー物質などが皮膚に触れてしまうと、炎症が起きてしまいかゆみが生じます。
もともとアレルギー体質でなくても、身体の調子や、年齢によって突発的にアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

それをシャンプーに当てはめて考えてみると以下のようになります。

・シャンプーで皮脂を取り過ぎてしまっている
 (頭皮の乾燥)

・余分な皮脂を落とし切れていない
 (雑菌の繁殖)

・シャンプーが自分の地肌と合ってない
 (頭皮のかぶれ)

つまり、これらの3つを改善することが、かゆみを改善するためには必要です。
特に、かゆみだけでなく、すでに頭皮湿疹や頭皮のニキビ、臭いなど他の頭皮トラブルにお悩みの方もシャンプーを改善することで早期改善に繋がります。

では、頭皮のかゆみを改善するためのシャンプーの選び方と正しいシャンプー方法についてご紹介します。

頭皮に優しいシャンプーを選びましょう

シャンプーは種類によって洗浄力の強さが異なります。
一見すると、汚れを落とすには洗浄力が強いシャンプーの方が良いようにも思うかもしれません。

ですが頭皮はとてもデリケートな部分。
もちろん肌質にもよりますが洗浄力が強いシャンプーを使っていると、皮脂を余分に落としてしまうため頭皮が乾燥してしまいます。

皮脂と聞くと、汚れのイメージが強いかもしれません。
ですが、皮脂は肌の潤いを保つために必要なものです。皮脂を落としすぎてしまうと頭皮は乾燥し、乾燥状態になることでかゆみが生じてしまうのです。

シャンプーには主に「アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石鹸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」の4つに分類されます。

この違いは、シャンプーに配合されている界面活性剤の原料によって分けられます。
市販されている安価なシャンプーに多いのはアルコール系シャンプーで、他の界面活性剤よりも洗浄力が強いのが特徴です。また、石鹸系シャンプーも、洗浄力が強いのに加えて、アルカリ性なので髪がキシんでしまうので使用の際は酢リンスや石鹸シャンプーに合ったリンスを使用する必要があります。

〇酢リンスについての記事はこちら
酢リンスは頭皮に優しい?方法と効果をご紹介!

頭皮のかゆみにお悩みの方には、出来るだけ洗浄力の優しいシャンプーがおすすめです。
「アミノ酸系シャンプー」と「ベタイン系シャンプー」は洗浄力が比較的弱く、頭皮に優しいシャンプーといえるでしょう。アルコール系シャンプーよりは値段も高くなってしまいますが、頭皮ケアのことを考えるなら毎日するシャンプーにはこだわりたいところです。

〇詳しいアミノ酸系シャンプーについての記事は
頭皮のフケ・かゆみにアミノ酸シャンプーを使うべき理由とは?2

また、最近では「無添加シャンプー」や「オーガニックシャンプー」など、余計な成分を入れず、天然の成分にこだわったシャンプーが販売されています。

これらは出来るだけ頭皮への負担を軽減することを考えられたシャンプーではありますが、いくら天然の成分でも体質や頭皮の症状によってはかぶれてしまったり、かゆみが悪化してしまうこともあります。頭皮に優しいシャンプーを選ぶことも頭皮ケアには大切なことですが、自分に合ったシャンプー選びをしましょう。

使ってみて、少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止しましょう。
「せっかく買ったのに」と思うかもしれませんが、無理に使用を続けていて頭皮にプラスになることはひとつもありません。

頭皮にかゆみがあるときの正しいシャンプー方法

シャンプー選びも大切ですが、シャンプーの方法が間違っていれば頭皮のかゆみは改善できません。

シャンプー前のブラッシング

シャンプーの際は、髪を濡らす前にクシで髪の毛をブラッシングして髪の毛のホコリやゴミをある程度落としてあげましょう。
頭皮に触れないようにブラッシングするのがポイントです。シャンプー前にブラッシングすることで、シャンプーの泡立ちが良くなるので、余分な量のシャンプーを使わずに済み、ゴシゴシと強い力で洗うことも少なくなります。

予洗いをしましょう

シャンプーをするときに髪を濡らすと思います。
この予洗いの際に汚れを落とす意識で頭皮をよく洗いましょう。皮脂などの地肌汚れはお湯だけでもある程度落とすことが出来ます。しっかりと予洗いをした状態でシャンプーをすることで、より汚れを落とすことが出来ます。

優しい力で洗いましょう

かゆみがあるときは無理に頭皮を刺激をしてはいけません。
かゆみは刺激してしまうとよりかゆみが生じてしまいます。シャンプーの際も同様です。強い力でゴシゴシと頭皮を洗ってしまうのは、頭皮を傷付けてしまうことになります。

傷が出来てしまうとかさぶたになった時にもっとかゆくなってしまうので、頭皮を掻かないという意識が大切です。
シャンプーの際は、爪を立てずに指の腹で優しく頭皮を洗いましょう。

すすぎは念入りに行いましょう

念入りに頭皮を洗っただけで満足してはいけません。
シャンプーの役目は地肌汚れを「浮かせる」ことで、洗い流すのはすすぎの役目です。ここでしっかりとすすがないと、汚れが頭皮に残ってしまい雑菌の繁殖の原因にもなってしまいます。
いつもよりも念入りにすすぎはしっかりと行いましょう。

また、お風呂からあがったらすぐにドライヤーを掛けましょう。
濡れたままの頭皮では雑菌が繁殖しやすく、かゆみだけでなく嫌なニオイの原因にもなってしまいます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?あなたのシャンプーの選び方と方法は間違っていませんでしたか?
頭皮のかゆみは、放っておくと頭皮が弱ってしまい抜け毛や薄毛にも繋がりかねません。何より頭皮がかゆい状態はイライラしたりなど気分的にも良いものではありません。

また、かゆくなってもなるべく掻かないようにと紹介しましたが、かゆみが酷い場合は我慢はかえってストレスになってしまいます。
どうしてもかゆみが我慢できないときは早めに皮膚科で診断をしてもらい、かゆみ止めを処方してもらいましょう。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮がかゆいのはシャンプー選びと洗い方が間違っている?