頭皮の乾燥・かゆみにおすすめオイルはホホバ?ココナッツ?椿?

オイル2

頭皮の乾燥・かゆみといった頭皮トラブルのケアにオイルケアが注目されています。
ですが、結局どのオイルを使えば良いの?と思ったことはありませんか?
頭皮ケア製品が多く市販されるようになり、頭皮ケアにますます注目がされるようになりました。その分どの商品を使って良いのか、本当に効くのかと考えてしまうことも多くなりますよね。


頭皮の乾燥やかゆみ、フケなど頭皮トラブルに悩む人が増えています。
それに伴って頭皮ケア製品が溢れると同時に、天然成分への注目も高まりました。けれども結局どれが一番良いのか、情報が多くていまいちよく分からないという方もいることと思います。今回はそんな頭皮ケアとオイルについて紹介したいと思います。

頭皮の乾燥・かゆみにオイルケアが注目される理由

ホホバ?ココナッツ?椿?頭皮ケアに最適なオイルはどれ!? オイルクレンジングについて出典:http://hairmart.sagafan.jp/e716437.html

オイルは頭皮だけでなく、顔をはじめ身体全体に使われています。ではどうして、肌にオイルを使うのは良いのでしょうか?
まず、オイルは非常に肌によくなじむということが挙げられます。肌の表面に皮脂と角質によって、身体の内側にある潤いを保ったり、外の刺激から守られています。皮脂とは身体から分泌される油成分のことです。
植物オイルの中には、成分的に人間の皮脂組織に似ているものも多いため、相性がとても良いことが分かっています。なので、オイルケアは、顔や頭皮などの肌を保湿しながら皮脂のバランスを整えてくれる作用があるのです。

オイルの特徴として、細胞の隅々まで浸透しやすい性質を持っています。オイルには抗酸化物質や必須脂肪酸をはじめ、ビタミンやミネラルといった美容成分も多く含まれていて、それらの有効成分をしっかりと送り届けてくれるのです。ダメージが蓄積された皮膚組織の回復も早まり健康な肌へと導いてくれる効果があります。

潤いを補助し健康な肌を育むオイルケアは、非常に効果の高いスキンケア方法として注目されています。
頭皮の乾燥やかゆみ等といった頭皮トラブルは、頭皮が弱っている状態です。潤いを補ったり、皮脂のバランスを整えることが出来るので、オイルケアは頭皮にも有効なケア方法なのです。

頭皮におすすめのオイルは?

頭皮ケアに向いているのは酸化しにくいオイル

頭皮も肌の一部。基本的にはフェイスケアに使われているオイルだったら頭皮にも使って問題ないと考え良いでしょう。
ですが、使い方によっては使用するオイルには注意が必要です。注意が必要なのは酸化しやすいオイルです。

酸化しやすいオイル

・馬油
・ローズヒップ
・グレープシード

酸化しやすいオイルは日中の使用には向いていません。
外気に触れることでオイルは酸化が早まります。酸化したオイルは肌にとってはマイナスになってしまいます。頭皮は皮脂の分泌量が多い場所なので、特に分泌された皮脂と混ざり合ってしまうと臭いの原因になってしまいます。また、それだけでなく頭皮の皮脂を栄養にしている菌が繁殖してしまう可能性もあります。酸化しやすいオイルは夜のケア用として使うのが良いでしょう。

酸化しにくいオイル

粘度が高い

・オリーブ
・椿油
・ゴマ(セサミオイル)

粘度が低い

・ホホバ
・アルガン
・スクワラン
・マカダミア
・ココナッツ

酸化しにくいオイルはデイリーの保湿用としても使用して問題ありません。
注意点としては、オイルにはベタッとしている粘度の高いものと、サラッとしている粘度の低いものがあります。粘度の高いものの方が保湿効果は優れていますが、ベタつきが残りやすくなってしまうのも特徴です。ベタつきが残ってしまうとゴミやホコリが頭皮に付着しやすくなってしまい、頭皮に負担をかける原因になりかねません。頭皮の乾燥がひどい方には粘度の高いものを、オイリースキンの方は出来るだけ粘度の低いサラッとしたものを使うことをおすすめします。

頭皮クレンジングのように、頭皮の毛穴汚れをしっかりと落とすために使うならどのオイルを使用しても問題ありません。その際はオイルが残らないようにしっかりとすすぎをしましょう。

注意すべき頭皮の状態

頭皮のオイルケアは、頭皮トラブルの改善に有効といえるでしょう。
ですが、オイリースキンの方は注意が必要です。もちろん、オイルケアは皮脂の量が多い方でも皮脂の分泌量をオイルケアによって整えることが出来るので充分に効果的な頭皮ケアといえます。けれども頭皮中の皮脂によって菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こしてしまう脂漏性皮膚炎の方にはオイルケアは逆効果になってしまう可能性があるのです。

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌という菌は、頭皮中の皮脂を栄養に繁殖していきます。既に菌が繁殖して脂漏性皮膚炎の状態の場合、オイルがマラセチア菌の栄養になってしまうケースもあるのです。脂漏性皮膚炎になってしまうと、頭皮には強いかゆみやフケの症状がでるので、少しでも早くケアをしたいと思いますが、症状がある程度落ち着くまでは、きちんと皮膚科で診断してもらって処方された薬などで改善していくのが良いでしょう。

まとめ

まとめ出典:http://01.gatag.net/0000178-free-photo/

頭皮の乾燥やかゆみなどの頭皮トラブルにオイルケアは有効なケア方法といえるでしょう。
毎日の使用でなくとも、週に1回のオイルクレンジングでも頭皮環境を整え、保つにはオイルは良いアイテムといえます。

オイルは植物由来で肌には優しいものです。
ですが、これは肌全般にいえることですが、成分によっては肌に合わない場合もあるということは覚えておいてください。植物由来ですが、その植物事態にアレルギーを起こしてしまう場合もあるのです。使ってみて頭皮にかゆみやかぶれを感じたらすぐに使用を中止しましょう。

頭皮のタイプは人によって違います。その人の頭皮の状態によっても適した頭皮ケアの方法は違ってきます。
ですので、今回はあえてどのオイルが一番良いのか、といった紹介はしませんでした。自分に頭皮に合ったものを見つけて、ぜひ健康な頭皮を目指してください。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮の乾燥・かゆみにおすすめオイルはホホバ?ココナッツ?椿?