頭皮の乾燥は「頭皮用ローション」で防げる?

頭を抱える

乾燥する季節には、特にスキンケアで肌の乾燥を防ぐことが必要になります。
しかし、忘れていないでしょうか。頭皮もまた皮膚の一部です。頭皮も他の皮膚同様に乾燥してしまいます。また実は頭皮はお肌の中でも水分量が少なく乾燥しやすいのです。

最近では頭皮ケアという言葉も注目されるようになりました。
それに伴って、頭皮の乾燥を防ぐ方法として「ローション」という選択肢があります。頭皮の乾燥やローションを使った乾燥対策について解説していきます。

頭皮の乾燥とその影響

頭皮も皮膚の一部分である以上、「乾燥」という事態からは逃れられません。
しかも、髪の毛に覆われているとはいえ、他の部分に比べて外気を遮断していない場合が多いです。特に乾燥する季節は、容赦なく乾燥した空気にさらされることになります。

また、体内の問題で乾燥を促してしまうことも考えられます。
そうした事態に対して有効な対策をとっていない場合、頭皮は乾燥していきます。頭皮が乾燥すると、「フケ」「かゆみ」「抜け毛」をもたらしてしまいます。特に、女性にとって「抜け毛」は大きな弊害であると言えます。

普段から目にする機会の多い腕や顔の皮膚に比べて、頭皮は鏡を使っても確認が難しく、知らない間に頭皮乾燥が進行してしまっていることも多いです。
頭皮がかゆくなったりフケが多くなることも、人前に出ることに対して抵抗感を覚える等、日常生活に大きな影響を与えることになりかねません。

頭皮の乾燥を防ぐ方法

頭皮の乾燥を防ぐ方法としては、根本的な原因を解決する方法と、乾燥に対する対症療法の2種類が考えられます。
頭皮が乾燥する原因は、外気にさらされることだけでなく、シャンプーの仕方が間違っていることが多いのです。洗浄力の強いシャンプーで頭皮に必要な脂分まで洗い流してしまうことで頭皮のバリア機能が失われ、水分を保てなくなってしまいます。

また、入浴後に髪を乾かすためにドライヤーを使うことも、長時間の使用によって頭皮の乾燥をもたらします。
シャンプーは洗浄力の緩やかなものに切り替え、ドライヤーは可能な限り使用時間を短くすることで対応しましょう。乾燥そのものに対する対症療法としては、他の部位の肌と同様に「保湿」することが有効な手段です。頭皮の保湿を行う方法として、「ローション」が有効なのです。

ローションを用いるメリット

頭皮の乾燥にローションを使用するメリットとしては、頭皮用のローションを使うことで安全に保湿が可能であるということです。
化粧品メーカーからは、様々なスキンケアグッズが販売されています。先ほど、頭皮は皮膚の一部と申し上げましたが、他の部位に使えるスキンケアグッズでも、頭皮には合わないという場合もあります。

頭皮用に作られた、もしくは頭皮に使っても問題ないと明言されているローションであれば、使用による弊害を回避することができます。
次に、乾燥以外の頭皮トラブルにも対応できるということです。頭皮用のローションには、乾燥以外にも「フケ」や「かゆみ」などの頭皮トラブルに対応した商品が数多く製造・販売されています。

頭皮を保湿しつつ、乾燥以外の様々な頭皮トラブルにも対応することができます。
また、自宅で簡単に使用できるという魅力もあります。商品にもよりますが値段も手ごろで、育毛剤を使い続けるよりは格段に費用面で有利です。

ローション以外にはどんな方法が?

頭皮の乾燥対策にローション以外を用いるのであれば、「化粧水」という選択肢がお勧めです。
ただし、ローションと同様に頭皮に使用できないものもありますので、用法についてはきちんと確認し、パッチテストも行っておきましょう。

化粧水の中には全身に使用できるものも多いので、頭皮の乾燥対策としても十分に効果を発揮してくれることでしょう。
なお、頭皮に化粧水を使用する場合には、「ミストタイプ」が使用しやすいのでお勧めです。

まとめ

保湿ローションにもお金はかかります。
ですが、頭皮の乾燥を放置してかゆみやフケなどの頭皮トラブルや、抜け毛を増やすことになったら、育毛剤や頭皮ケア商品でより多くの費用が掛かることが予想されます。

また、普段から頭皮がかゆくなったり、フケが目立つことは「生活の質」を下げることにもなります。
それをローション一つで防げるのであれば、決して高い買い物ではないはずです。頭皮に使えるローションにも様々な商品があるので、ご自分の目的や体質に合った商品を選びましょう。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮の乾燥は「頭皮用ローション」で防げる?