石鹸シャンプーが頭皮に与える影響は?

石鹸シャンプー

髪に優しい、頭皮に優しいという理由から石鹸シャンプーを選ぶ人が増えています。
ですが、石鹸シャンプーは使う方法や頭皮の状態によっては肌に合わないこともあるんです。今回は石鹸シャンプーを検討する際に知っておきたいことをご紹介します。

石鹸シャンプーとは?

石鹸シャンプーとは、文字通り石鹸を主成分としたシャンプーのこと。
または固形の石鹸をシャンプーとして使うことも指します。最近では、固形石鹸ではなく、シャンプー用として液体状のものが石鹸シャンプーとして市販されている製品が主となりました。

石鹸シャンプーのイメージとして、

・無添加
・ノンシリコン

というものがあるのではないかと思います。確かに、石鹸シャンプーには、無添加のものやノンシリコンのものが多く販売されています。

けれども、
石鹸=肌に良い
という認識は実は少し注意が必要なんです。

石鹸シャンプーとそれ以外のシャンプーとの違い

「無添加」や「ノンシリコン」という言葉で何となく石鹸シャンプーが良さそうな感じがする。
それは、必ずしも間違っているイメージではありません。市販されているシャンプーで香料や防腐剤といった添加物を使用しているシャンプーもたくさんあります。頭皮や髪の毛のことを考えるとなるべく添加物は使用したくないというのは、頭皮ケアには大切な心掛けといえるでしょう。

ですが、そのイメージだけで石鹸シャンプーを選ぶのは、あまりお勧めはできません。
石鹸というものはそもそも洗浄力が非常に高いものなんです。

石鹸シャンプーの洗浄力について

誤解されがちですが、石鹸も界面活性剤のひとつです。
界面活性剤は、水と油の普通なら混ざり合うことのないものを混ぜ合わせるための役割を持っています。石鹸やシャンプーが白くなっているのは、水と油が混ざり合い乳化した色なんです。汚れが落ちるのは界面活性剤の力が働いているから。界面活性剤が悪いといわれているのは、界面活性剤が原料によって肌に悪影響をもたらすことがあるためなのです。

頭皮などの皮膚に良くないといわれているのは、主に高級アルコール系の界面活性剤が配合されているシャンプーです。
この界面活性剤は非常に洗浄力が強くシャンプーならば、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまうのです。高級アルコール系界面活性剤は非常に安価で作ることができるため、シャンプーが普及し始めた当初はほとんどの市販のシャンプーに使用されていました。それに加えて香料や防腐剤などの使用によって頭皮にさらに悪影響を与えてしまう訳です。

石鹸系のシャンプーは、余計なものを配合しない石鹸成分のみで作られているという面では、頭皮に優しいといえるでしょう。ですが、石鹸には高級アルコール系の界面活性剤と同じくらいの洗浄力があるのです。
つまり石鹸シャンプーもアルコール系シャンプー同様に、頭皮の皮脂を余分に落としてしまう危険性があるんです。

洗浄力が強いシャンプーが頭皮に与える影響

頭皮の皮脂を余分に落としてしまうと、頭皮の潤いを保つことが出来なくなります。
皮脂の不足した頭皮では、体質的に乾燥肌でなく正常な状態の頭皮ならば、不足した皮脂を補おうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。洗いすぎは逆に頭皮のベタつきの原因になってしまうんですね。また、頭皮が乾燥してしまうとかゆみや、フケの原因にもなってしまいます。

石鹸シャンプーを選ぶポイント

石鹸シャンプーを検討する時に気を付けたいこと出典:http://free-photos.gatag.net/2013/07/06/140000.html 著作者:flossyflotsam

まず、さきほど説明したように、石鹸は頭皮の皮脂を余分に落としてしまう危険性があります。
頭皮ケアの観点から考えると、必要以上の脱脂のメリットはないといえるでしょう。まず、絶対に避けてほしいのは、固形石鹸をシャンプーとして使用すること。頭皮の潤いが奪われてしまいます。

石鹸をシャンプーとして市販されている製品には、石鹸成分と合成界面活性剤を配合しているシャンプーもあります。
一緒に配合される合成界面活性剤には、アミノ酸系やベタイン系といった洗浄力の弱い、頭皮に優しい界面活性剤が主に選ばれています。これは、洗浄力が強く泡立つの良い石鹸成分と、洗浄力が弱く泡立ちが悪い界面活性剤の特性をあわせたシャンプーだといえるでしょう。
配合の割合にもよりますが、比較的使用感も良く、洗浄力も強力過ぎない製品だといえます。もしも使用を考えているなら、このように洗浄力の弱い他の界面活性剤が配合されている製品がおすすめです。

覚えておきたい成分表示

石鹸系成分

石ケン素地
カリ石ケン素地
ヤシ脂肪酸

アミノ酸系界面活性剤

ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルグルタミン酸K
ラウロイルアスパラギン酸Na

ベタイン系界面活性剤

コカミドプロビルベタイン
ラウロイルプロビルスベタイン
ココアンホ酢酸

石鹸シャンプーは弱アルカリ性

また、石鹸成分は、弱アルカリ性でできています。私たちの皮膚は外部からの菌から身を守るために弱酸性に保たれていて、アルカリ性に刺激を受けてしまいます。敏感肌の方や、炎症などの頭皮トラブルにお悩みの方には症状を悪化させてしまう場合があります。また、弱いアルカリに対してなら皮膚から分泌される皮脂によってお肌はバリアされますが、問題は髪の毛です。髪の毛は皮脂を分泌することが出来ません。

石鹸シャンプーと使ったら髪がキシキシになったという話を聞いたことがあるかもしれません。
髪の毛は主にタンパク質でできています。タンパク質で構成されている髪の毛がアルカリに触れることによって、キューティクル、つまり髪の毛の保護膜が開いてしまうのです。キューティクルが開くとキシキシになるわけではありません。髪の毛のキューティクルが開くとキューティクルが剥がれやすくなるのがキシキシの原因です。

キューティクルは髪の毛のつやを保つための水分や、タンパク質を外に逃がさないようにしている役割があります。ですので、キューティクルが開き、剥がれ落ちてしまうと、髪の毛はキシキシになってしまっているのです。石鹸シャンプーを使用する際は、シャンプー後に弱酸性のリンス(酢酸リンス)などで、髪の毛を中和してキューティクルを元に戻す必要があります必要があります。

まとめ

肌の体質は人それぞれです。
石鹸シャンプーでも、頭皮に合う人はいます。たしかに、市販のシャンプーのシリコンや添加物が頭皮に合わない人にとっては、石鹸シャンプーが頭皮に合っているということも充分にあり得ます。ですが、基本的には石鹸の洗浄力はとても強い事だけは覚えておいてください。使用する際は、お風呂上がりの頭皮の保湿を心掛けてください。
また、すでに炎症などの頭皮トラブルをお持ちの方や、もともと乾燥肌であったり、敏感肌の方やアトピー持ちの方は使用は避けましょう。
敏感肌、アトピー持ちの方は体質的に肌の水分量が少ない傾向にあります。そこに追い打ちをかけるように石鹸で頭皮の潤いを奪ってしまうことは、肌の炎症の原因にもなってしまいます。

石鹸シャンプーに限ったことではありませんが、「何となく良さそうだから」でシャンプーを選んではいけません。
きちんと自分の頭皮の状態を理解したうえで、自分に合ったものを使用するようにしましょう。それが健康な頭皮、ツヤのある髪の毛を続けるための秘訣といえます。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

石鹸シャンプーが頭皮に与える影響は?