頭皮ケアには湯シャン!?意外と知らない湯シャンの○と×

湯シャン

あなたはシャンプーを使わずにお湯だけで頭皮を洗う、湯シャンをご存知でしょうか?
一部のタレントさんが石鹸やシャンプーを使わずに、お湯のみで身体を洗っているという話から広まった湯シャン。実際に試してみた方の体験談なども多く聞きます。確かにお湯だけでも頭皮の汚れは80%ほどは落ちるといわれています。

ですが、全ての人にとって湯シャンが良いとは言えません。湯シャンに適した頭皮の方と、そうでない方がいるのです。また、間違った方法で湯シャンをしてしまうと逆に頭皮に負担をかけてしまうこともあります。今回はそんな湯シャンのポイントと注意点をご紹介していこうと思います。

湯シャンに向いてる頭皮、そうでない頭皮

どっち?出典:http://192abc.com/21330

湯シャンに向いてる

頭皮が乾燥しているという方には湯シャンに向いているといえるでしょう。
そもそもの湯シャンの目的は、長年のシャンプーなどによって弱った頭皮のバリア機能を回復させてあげることです。
湯シャンにより頭皮の皮脂や角質を必要以上に落とさないことで、頭皮本来が持っている保湿や抗菌の力を徐々に高めていき頭皮をケアしていきます。頭皮の乾燥は、頭皮の皮脂が足りなことで頭皮に潤いが保てない状態ですので、頭皮が乾燥している人には湯シャンによる頭皮ケアが有効といえるでしょう。

見分けるのが難しいのですが、乾燥している頭皮でも脂っぽくなってしまう方がいます。頭皮に皮脂が不足しているために、身体が必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。皮膚の水分が少なく、油分が多い、いわゆる乾燥性脂性肌という状態です。この状態の場合は湯シャンでも効果はあると思いますが、それ以前に使っているシャンプーの洗浄力が強いことが原因とも考えられます。湯シャンを試す前に、シャンプーを洗浄力の弱い頭皮に優しいものに変えてみましょう。

湯シャンに向いていない

頭皮が乾燥している人に湯シャンが適しているということは、反対に脂肌の方には湯シャンはおすすめできません。基本的に男性の方は女性よりも皮脂量が多いので注意が必要でしょう。

頭皮にトラブルを抱えている方も同様に注意が必要です。乾燥によるかゆみや、かぶれによる赤みでしたら湯シャンも可能ですが、フケやニキビ、脂漏性皮膚炎の方は絶対に避けてください。特にニキビと脂漏性の皮膚炎はどちらも頭皮中の菌の繁殖が原因で起こってしまいます。お湯では頭皮の汚れを落とすことは出来ても、菌を除去することは出来ません。抗菌のシャンプーや薬でのケアを優先しましょう。

また、日常的にワックスやヘアスプレーといった整髪料を使う方もお湯だけではなかなか成分が落とし切れませんので、シャンプーを使う方が良いといえます。

湯シャンをする際のポイント

さて、湯シャンをするべきかもしれない、試してみたいという方は、しっかりと湯シャンのポイントを押さえておきましょう。

湯シャンの前にはしっかりとブラッシング

ブラッシングをしっかりとすることで、髪に付着したホコリやゴミを落とすことが出来ます。
シャンプーで頭皮を洗う際にもブラッシングは頭皮に負担を掛けないためには大切なことですが、湯シャンの際にも念入りにブラッシングが必要です。頭皮に直接当たらないように、髪の毛のホコリを落とす意識で行いましょう。

お湯の温度は高すぎないように

皮脂が落ちるお湯の温度は36~37℃です。少しぬるく感じるかもしれませんが、あまり高い温度で洗ってしまうと皮脂を落としすぎてしまいます。

マッサージするようなイメージで

頭皮を洗う際は指の腹でマッサージするように頭皮の汚れを落としていきましょう。
間違っても爪を立てたり、強くゴシゴシ頭皮を擦ってはいけません。初めは頭皮のベタつきが残るような感じがあるかと思いますが、あまり長く洗うのは地肌を傷付けてしまいます。

※湯シャンの頻度は徐々に増やしていきましょう

湯シャンといっても、いきなりシャンプーをまったく使わないのではなく、徐々にお湯のみで頭皮を洗う日を増やしていきましょう。
最初の週は隔日、次の週は3日に1回といった具合に、シャンプーの頻度を減らして、湯シャンの頻度を増やしていきましょう。途中でかゆみなどの異変を感じたら無理をせずにシャンプーを使って頭皮を洗ってください。

まとめ

水出典:http://boakihiko.com/blog/?p=838

湯シャンはシャンプーやリンスに頼らない自然な頭皮ケアといえます。
頭皮本来の免疫力を高めることも出来ますし、そうすることで健康的な頭皮や髪の毛を育てることが出来るでしょう。しかし、湯シャンの効果が出るのは個人差もあるようですが、早くても1~3ヶ月。しかも最初は頭皮のベタつきや、髪のごわつきを感じる方も多くいます。

シャンプーの使い心地に慣れている私たちにとっては少しストレスかもしれません。また、ストレスを感じてしまうならば身体はもちろん頭皮にも良くないのかなとも感じます。加えて、髪の毛に付いたタバコの臭いや焼き肉などの煙の臭いはお湯だけでは落ちてくれませんので、そこも注意が必要です。

もちろん、どのシャンプーを使ってみても頭皮に合わない…ヘアカラーなどで頭皮がかぶれてしまった、という方にとっては、刺激の少ない湯シャンは試してみる価値の充分にある頭皮ケアといえます。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮ケアには湯シャン!?意外と知らない湯シャンの○と×