頭皮のかゆみ・乾燥にアミノ酸シャンプーがおすすめな理由とは?

cc-library010000798


頭皮のかゆみや乾燥がなかな改善しないのは、シャンプーを見直す必要があるかもしれません。
最近になってよく聞くようになったアミノ酸シャンプーですが、いったいどうして頭皮ケアにおすすめされているのでしょうか?。

今回はそんなアミノ酸シャンプーが頭皮のかゆみにおすすめな理由をご紹介します。

アミノ酸シャンプーはどんなシャンプー?

そもそも、アミノ酸シャンプーがどのようなシャンプーかはご存知ですか?
何となく頭皮に良さそうというイメージはあるかもしれませんが、アミノ酸シャンプー詳しく知っている方は多くないのではないでしょうか。

アミノ酸シャンプーと呼ばれているものは、シャンプーに配合される界面活性剤にアミノ酸由来のものを使用し作られたものです。
界面活性剤は性質的に混ざり合わない水と油を混ぜ合わせるためのもので、界面活性剤の種類によって洗浄力や泡立ちに違いが生まれます。

普通のシャンプーとの違いは?

多くの安価なシャンプーには、アルコール由来の界面活性剤が使用されています。
高級アルコール系の界面活性剤は洗浄力が高いうえに泡立ちもよいのが特徴です。さらには非常に安く作ることができるため、多くのシャンプーに使用されています。多くのシャンプーで使用されているアルコール系界面活性剤ですが、洗浄力が強いために頭皮には刺激になってしまうことがあります。

一方で、アミノ酸由来の界面活性剤は、洗浄力が優しく頭皮への刺激が少ないこと。
頭皮への強い刺激は、ダメージになってしまうので、体質的に敏感肌の方や頭皮トラブルにお悩みの方には頭皮に優しいシャンプーが選ばれています。

頭皮かゆみ・乾燥にアミノ酸シャンプーがおすすめな理由

アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱く頭皮への刺激が少ないことが大きな特徴です。
では、なぜ洗浄力が強いシャンプーを使うことが頭皮には良くないのでしょうか。

一見、洗浄力が強く汚れがしっかりと落ちるシャンプーの方が良いと思う方もいるかもしれません。
ですが、洗浄力が強いシャンプーを使い続けると、頭皮が乾燥してしまう原因になってしまいます。

シャンプーが頭皮トラブルの原因になる?

実は、頭皮の乾燥はフケやかゆみをはじめ、多くの頭皮トラブルを引き起こす原因。
頭皮が乾燥しているというのは頭皮の皮脂や角質が不足している状態。皮脂や角質は、頭皮の水分を保ったり、刺激から頭皮を守るバリアの役割があります。バリア機能としての頭皮に必要な皮脂や角質が不足してしまうと、充分に頭皮は潤いを保てなくなったり、刺激に敏感になってしまうのです。

つまり、頭皮の乾燥は頭皮のバリア機能が低下してしまっている状態です。
そして、そのバリア機能を低下させている大きな原因がシャンプーなんです。

シャンプーは頭皮の古くなった余分な皮脂や角質などの汚れを落とすためのもの。
洗浄力が強いシャンプーを使い続けることで、段々と頭皮が弱ってしまい、頭皮のフケやかゆみに繋がってしまうんです。

私たちの身体は、20%近くがタンパク質で構成されています。
そしてそのタンパク質をつくっているのがアミノ酸です。アミノ酸は私たちの身体において欠かせない成分であり、またそれだけに身体に馴染みやすい成分でもあります。

アミノ酸シャンプーを選ぶ際に気を付けたいポイント

アミノ酸シャンプーを選ぶ際に気を付けたいポイント出典:http://img01.gatag.net/201507/17touia/gatag-00011061.jpg

アミノ酸シャンプーが頭皮に優しく、頭皮トラブルにおすすめなシャンプーであることを紹介してきました。
ですが、アミノ酸シャンプーを選ぶ際には気を付けてほしいポイントがあります。

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは別のもの?

市販されているシャンプーにアミノ酸シャンプーと紹介されているものを多く見かけますが、残念ながら本当のアミノ酸シャンプーと呼べるものだけではありません。

シャンプーなどを含む化粧品類の場合、商品の種類を分類する呼称については、特に決まりがない場合がほとんどです。
実は現在のところ、成分をどのくらい含めたものをアミノ酸シャンプーと呼んで、基準を満たしていないものはアミノ酸シャンプーという呼称を使ってはいけない、という明確な決まりがない状態。

つまり、製造したシャンプーを会社が「アミノ酸シャンプー」だと言ってしまえば、その商品は「アミノ酸シャンプー」になってしまうのです。
もちろん、少しもアミノ酸成分を配合していない場合は、法律的な問題があるのでそのような商品は販売されてはいませんが、市販のシャンプーの中には、ほんの少しアミノ酸系の成分を加えて「アミノ酸シャンプー」と明記して販売されているケースも多くあるのです。

アミノ酸シャンプーを選ぶ際はここに注目!

アミノ酸成分は原価が非常に高く、価格を抑えるために他の界面活性剤を一緒に配合しているシャンプーが多くあります。
さきほど紹介したアルコール系の界面活性剤や石けんを主成分として、アミノ酸洗浄剤はわずか、というシャンプーもあるので注意したいところです。

チェックしたいポイントとしては、商品の成分表。
店頭で販売されているものなら、商品の裏をチェックしてみましょう。「全成分で水の次にきている成分」が「ココイルグルタミン酸」、「ココイルアラニン」などの表記があればアミノ酸由来の界面活性剤が主成分となったシャンプーです。

次に、「ラウリル/ラウレス硫酸」「スルホン酸」などの表記がないかを見てみましょう。
それらの成分は、アルコール系の界面活性剤の成分名称です。アミノ酸が主成分でもそれらの成分が一緒に配合されていれば純粋なアミノ酸シャンプーとはいえません。また、すでに頭皮のかゆみやフケなどにお悩みの方は、「添加物が入っていないか」、「天然の成分で作られているか」などにもこだわってシャンプーを選んでみてください。

詳しいシャンプー成分についての解説は『頭皮の乾燥、原因はシャンプーだった!買う時に注目したい成分は?

おわりに

アミノ酸シャンプーは一般的なシャンプーと比べると、決して安いものではありません。
ですが、頭皮トラブルになってしまってからでは、健康な頭皮に戻すまでは時間も、それ以上に費用も掛かってしまいます。なによりも、かゆみやフケに悩んで、ストレスを抱えてしまうのはもったいないですよね。

頭皮もお肌の一部だということを忘れないでください。
スキンケアに気を付けるように、頭皮ケアにもぜひ気を付けてみてくださいね。

頭皮にやさしい、リンスのいらない無添加アミノ酸シャンプーはこちら

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

頭皮のかゆみ・乾燥にアミノ酸シャンプーがおすすめな理由とは?