産後の頭皮のかゆみ、抜け毛…その原因とケア方法は!?

産後

今、産後に頭皮のかゆみ、抜け毛に悩む女性が増えているってご存知でしたか?

なぜ出産を機に頭皮トラブルが起きてしまうのか分からずに症状がどんどん悪化してしまうことだってあり得ます。
今回はそんな産後に起こってしまう頭皮のかゆみ、抜け毛の原因と、改善するために気を付けたいシャンプー方法など、正しいケア方法をご紹介します。

こんな頭皮トラブルは出産が原因かもしれない?

・抜け毛
・頭皮のかゆみ
・フケ

出産を機にこのような症状が急に出てくるようになってしまった。
症状を我慢してしまったり、何もせずに放置してしまったり、間違ったケアをしてしまうと慢性的な頭皮トラブルになりかねません。正しい原因とケアの方法をチェックしていきましょう。

産後の頭皮トラブルはなぜ起こるのか?

お子さんが生まれてから頭皮のかゆみやフケ、抜け毛などの症状が出るようになった。
そんな方は出産がきっかけの可能性があります。では、どうして出産を機に頭皮トラブルが起こってしまうのでしょうか?

子供が生まれてから体質が変わったという言葉をよく聞きますよね。
その理由は、ホルモンバランスが変化するから。女性は出産をすることで、女性ホルモンが大きく減少してしまいます。女性ホルモンが減少することによって、頭皮トラブルをはじめとする身体の変化が起きてしまうのです。

ホルモンの役割

私たちの身体において、ホルモンは重要な役割をいくつか持っています。
ホルモンは、外気の気温の変化に対応し体温を一定に保つように働いたり、代謝を促すなど身体づくりに大きく関わったり、感情を司る自律神経をコントロールしたりなど様々な役割を果たしています。

また、ホルモンには、一般的に男性に多い「男性ホルモン」と女性に多い「女性ホルモン」があり、男性らしい身体つきや女性らしい身体つきもこのホルモンバランスによって違いが生まれていきます。

ホルモンバランスは健康な状態であれば正常に保たれていますが、このバランスが崩れてしまうことで身体に不調をきたしてしまうのです。

女性ホルモンの減少とその影響

女性にとって、妊娠・出産はこの女性ホルモンが乱れてしまうタイミングでもあります。
妊娠をすると、女性は赤ちゃんを身体の中で育てるために、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」が大量に分泌されるようになります。

女性ホルモンは髪の毛を育てる働きも持っています。
プロゲステロンが増えることによってヘアサイクルが長くなるので髪の毛の寿命は長くなります。妊娠によって髪の毛が増えたり、ツヤが出たりなどの状態に思い当たる方も少なくないのではないのでしょうか。

抜け毛

出産とともに体内のプロゲステロンは急激に減少してしまいます。
プロゲステロンが急激に減少してしまうと、それまで成長を促されていた髪の毛のヘアサイクルは短くなってしまいます。その結果、髪の毛は傷みやすくなったり、抜けやすくなってしまうのです。「産後脱毛」という言葉もあるように、急激な女性ホルモンの低下が薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

かゆみ

女性ホルモンが低下してしまうと、肌がうまく水分を保てなくなるので乾燥しやすくなってしまいます。
頭皮も同じく乾燥してしまいます。乾燥した頭皮は水分のバリアに守られていない状態です。外部の刺激がかゆみを引き起こしたり、炎症を起こし湿疹などができやすい状態にもなってしまうのです。

フケ

女性からも男性ホルモンは分泌されています。
女性には女性ホルモンの割合が多く、男性には男性ホルモンの割合が多く分泌され、それぞれが違う働きをして身体を正常に保っているのです。出産によって女性ホルモンが低下すると、男性ホルモンが優位に働いてしまいます。

産後の抜け毛もこの男性ホルモンの働きが関係していますが、もうひとつ問題なのは皮脂の分泌が増えてしまうということ。フケは皮脂が古くなった角質と混ざって出来るものです。産後はいつもよりも多く皮脂が分泌しているため、きれいに余分な皮脂が落とせていないとフケが出やすくなってしまいます。

また、皮脂が増えると、それを栄養としている雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、産後の頭皮は炎症やかゆみが出やすい状態といえるのです。

つまり、産後の頭皮状態は…

・髪の毛が抜けやすくなる
・乾燥するけど脂っぽくもなりやすい
・かゆみやフケ、炎症などを起こしやすい

このように、頭皮トラブルの可能性がたくさんあるんです。

お母さんが行いたい頭皮ケア

出産によってホルモンバランスが乱れてしまうのは避けられません。
また、女性ホルモンの低下によるある程度の抜け毛などの症状も多くの場合は起こってしまうでしょう。ここでは、ある程度症状を和らげるために試してもらいたいケアをご紹介します。

丁寧に頭皮を洗う

皮脂の分泌が多くなっているので、頭皮を丁寧に洗うことを心掛けましょう。
妊娠・出産前と同じような方法では、皮脂を落とし切れていない可能性があります。シャンプーの前には充分に予洗いをして、シャンプーもゴシゴシと洗わないように指の腹で優しく丁寧に頭皮全体を洗っていきましょう。また、すすぎ不足は浮いた皮脂汚れや、シャンプー成分が頭皮に残ってしまうので、すすぎも念入りに行うことを心掛けましょう。

余計に頭皮を乾燥させてしまう原因にもなってしまうので、洗浄力の強いシャンプーは避けて、なるべく頭皮に優しいシャンプー選びをすることも大切です。
皮脂が増えるんだから洗浄力の強いシャンプーの方が良い、と思うかもしれません。ですが、頭皮の汚れは丁寧な方法を心掛けるだけで充分に落とすことが出来ます。余計な刺激を頭皮に与えないようにしましょう。

シャンプー選びはこちらを参考にしてみてください『頭皮の乾燥、原因はシャンプーだった!買う時に注目したい成分は?

保湿をしっかり行う

産後のお肌は乾燥しやすくとてもデリケートです。
乾燥した肌は敏感で、かゆみなどを引き起こしやすくなっている状態です。頭皮も同じで、なるべく乾燥させないように潤いを与えてあげることが肝心。普段顔に使っている化粧水も頭皮に使用することは出来ますが、頭皮は顔よりも刺激に敏感な部分です。
最近では、頭皮用のローションや美容液が市販されています。デリケートな頭皮に合わせて作られているものですので、安心して使うことが出来るでしょう。また植物性のオイルも皮膚の潤いを保つには効果的です。

ストレスをため込まない

ストレスはトラブルを悪化させる大きな原因になります。
抜け毛やかゆみなど、産後の体調の急激な変化に加えて、子育てなどによる生活習慣の変化でどうしてもストレスや疲れがたまりやすくなってしまうと思います。また、ホルモンバランスの乱れによって精神的に不安定になってしまうこともあるでしょう。

ストレスや身体の疲れは免疫の低下に繋がります。
もちろん子育ては大切なことです。ですが頑張りすぎは良くありません。周りの理解を得ることも必要にもなりますが、きちんと休むこともお母さんには大切なことです。適度に身体を動かしたり、趣味の時間を作ったりと、きちんとリフレッシュすることを忘れてはいけません。

頭皮のトラブルも、ある程度は起こってしまうもの。
あまり気にしすぎてしまうのもかえって身体には良くありません。頭皮トラブルをはじめ自分の身体の変化の原因を知って、できる限りの適切に対処することが、余計なストレスをため込まない方法のひとつです。

栄養バランスのとれた食事を摂る

食生活にも気をつかってみましょう。
バランスのとれた食事を心掛けることはもちろんですが、特に産後はホルモンバランスが乱れている状態です。身近なものでは、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれます。また、ビタミンB群は代謝を促し、頭皮環境を整えてくれる作用があります。これらのものを積極的に摂ることも意識してみると良いでしょう。ただし、あくまでもバランスが大事ですよ。

おわりに

妊娠・出産。さらには子育てと、色々と大変なことも多いのがお母さん。
さらには体調も変化してしまっては、心の余裕もなかなか持つのは難しいと思います。ですが、あまり一人で悩まないことが子育てを順調に進んでいくためには大切なこと。お子さんに気を掛けてあげるだけでなく、ぜひ自分自身にも気を掛けてあげてくださいね。辛い産後のトラブル、乗り切れるように応援しています。その力に少しでもなれたら幸いです。

【トラブル頭皮を優しくケアするアイテムはこちら】


     

産後の頭皮のかゆみ、抜け毛…その原因とケア方法は!?